사업

酵母の自動溶解物の市場調査レポート–まったく異なるセグメントでの機会と課題、予測-2029

酵母の自動溶解物の市場調査レポート–まったく異なるセグメントでの機会と課題、予測-2029

消費者によるより高品質の食品に対する世界的な需要の高まりにより、さまざまな製造業者は食品に天然成分を含めることを余儀なくされています。これは、世界中の酵母自己溶解物の需要を刺激する重要な要因です。市場は2019年から2029年の間に約5.7%のCAGRで上昇すると予想されます。FutureMarketInsightsは、予測期間を通じて市場の安定した成長を予測しています。

酵母自動溶解物市場調査からの重要なポイント

最終用途セグメントの中で、飼料産業は市場の主要なセグメントです。このセグメントは、予測期間を通じて高い成長を目撃すると予測されています。酵母の自己溶解物は、消化を改善し、最終製品の嗜好性を高めるために飼料に使用されます。
新しい技術の出現とクリーンラベル製品開発への注目の高まりにより、酵母自己溶解物市場の成長が可能になります。さらに、大手メーカーは、ターゲット顧客が製品を簡単に入手できるようにするために、流通および供給基盤の強化に注力しています。これは、今後数年間で市場の前兆となることが期待されています。
酵母自己溶解物市場で活動している主要企業は、国内および地域の企業との買収とコラボレーションを通じて、グローバルにプレゼンスを拡大することに注力しています。
キープレーヤーはまた、酵母に関連する新製品を発売することにより、グローバルフットプリントの拡大に​​注力しています。さらに、Tier -1プレーヤーは、優れた品質の製品を提供するために、研究開発活動に投資し、製品の提供を継続的に監視しています。

レポートのサンプルコピーを入手するには、@にアクセスしてください。 https://www.futuremarketinsights.com/reports/sample/rep-gb-11078

「酵母自己溶解物市場は、細菌の増殖を最適化するための実験室用増殖培地での微生物栄養素としての酵母自己溶解物の使用の増加により、力をつけています。さらに、消費者の意識の高まりは、クリーンなラベル製品の消費をもたらし、それが今度は主要なプレーヤーが彼らの製品を市場の前面に押し出す機会を生み出しています。」 FMIアナリストは言う

有機および天然由来の製品に対する需要の高まりは、特に先進国において、消費者の間でかなり増加しています。メーカーは一般的な消費者のトレンドに対応しようとしているため、酵母や植物から得られた天然成分を使用しています。酵母エキスの需要は、食品フレーバーエンハンサーとして特に食品および飲料市場でトレンドになっています。酵母エキスは、今後数年間で食品中のグルタミン酸ナトリウム(MSG)に徐々に置き換わると予想されています。 MSGは化学的に得られた食品調味料であり、うま味のために食品や飲料に添加されます。しかし、健康への悪影響を引き起こすことで世界的に批判されています。したがって、メーカーは代わりに酵母エキスを追加しています。また、酒類・ノンアルコール飲料では、味覚を高めるために酵母エキスが使用されています。

酵母エキスメーカーは、望ましい主張で自社製品を販売しています。これらの主張は非GMOからビーガンにまで及びます。これらの主張に焦点を当てることは、食品や天然/有機化粧品を含まないことへの需要の高まりの結果です。メーカーが酵母製品を提供しているという主張のいくつかは、とりわけ、非GMO、ビーガン、ハラール、コーシャ、グルテンフリー、アレルギーフリーです。これにより、食品、飲料、化粧品のメーカーは、製品に使用する人工成分を酵母エキスに置き換えることになりました。消費者はそのような無料の製品に高い価格を支払うことをいとわず、酵母エキスを使用する製造業者もこれらの主張を使用して製品を販売することができます。

誰が勝っているのか

レポートで紹介されている市場プレーヤーには、DSM、Kerry Group、Lallemand Inc.、Leiber GmBH、Biospringer、KOHJIN Life Sciences Co.、Ltd.、Angel Yeast Co.、Ltd、Biospectrum、Fuji Foods Corporation、ABF Group(ABF Ingredients and AB Mauri)、Costantino&C。spa、HiMedia Laboratories、Titan Biotech Ltd.、Sensient Co.、Ltd.、Becton、Dickinson and Company、Archer Daniels Midland Company、Synergy Flavours、Foodchem International Corporation、Suboneyo Chemicals PharmaceuticalsPvt。株式会社、およびTangshan Top Bio-Technology Co.、Ltd。市場で事業を行っている大手企業の一部は、フットプリントと製品ポートフォリオを拡大するために中小企業を買収しています。これに加えて、買収はしばしば彼らが競争上の優位性を獲得することを可能にします。

DSMは、さまざまな自己消化促進剤と細菌集団を使用して、さまざまなpH値で生成された酵母自己消化物の成長促進特性にも焦点を当てています。
製造業者はまた、乳酸発酵を含めることにより、醸造用酵母の自己溶解物で強化された野菜ジュースの栄養価を改善することに注力しています。

TOC @を表示 https://www.futuremarketinsights.com/reports/yeast-autolysates-market/table-of-content

酵母自動溶解物ペクチン市場への貴重な洞察を得る

Future Market Insightsは、その新しい製品で、世界の酵母自動溶解物市場の公平な分析を提供し、過去の需要データ(2014-2018)と2019-2029年の予測統計を提示します。この研究は、タンパク質濃度(50%以上50%未満)および最終用途飼料産業((家禽、ペットフード、反芻動物、水産養殖))発酵、微生物栄養素などに基づいて、酵母自己溶解物市場に関する説得力のある洞察を7つの地域で明らかにしています。 。

FMIについて

Future Market Insights(FMI)は、市場インテリジェンスおよびコンサルティングサービスの大手プロバイダーであり、150か国以上のクライアントにサービスを提供しています。 FMIは、世界の金融資本であるドバイに本社を置き、米国とインドに配送センターを持っています。 FMIの最新の市場調査レポートと業界分析は、激しい競争の中で企業が課題を乗り越え、自信を持って明確に重要な意思決定を行うのに役立ちます。カスタマイズおよびシンジケート化された市場調査レポートは、持続可能な成長を促進する実用的な洞察を提供します。 FMIの専門家主導のアナリストのチームは、幅広い業界の新たなトレンドやイベントを継続的に追跡し、クライアントが消費者の進化するニーズに確実に対応できるようにします。

Related Articles

Close